更年期でドキドキして眠れない人には「市販薬のドリエル」がお勧め!

45歳の女性です。

 
私が眠れなくなった理由は、今年に入り急にホルモンのバランスが

 

 

崩れ、生理が長く続いたり、何ケ月か生理がなかったり更年期の

症状がでてくるようになってからです。

 

少し更年期には早いかなと思ったのですが、産婦人科に行くと、

更年期の閉経前に入ってきていると言われ、初めは、他に症状は

なかったのですが、体にも変化が起こってきて、動悸やめまいなどが

してきて、血圧も高くなってきました。

動悸がするのでだんだんと不安になってきて夜眠ることができなく

なり、寝ても夜中に目が覚めるようになって、睡眠不足が続き体力も

なくなってきていました。

病院へは行かず、市販薬を試してみた

心療内科で睡眠薬をもらおうかなと思ったのですが、病院での薬は

強そうだったので、市販の睡眠薬を使うことにしました。

私が使った市販の睡眠薬のおすすめは、ドラッグストアなどに売って

いるドリエルです。

 

ドリエルがおすすめなのは、テレビなどで見たことがあると思うので

有名だからです。

 

12錠入りで1、900円で少し高いのがデミリットです。

ドリエルの薬の強さは、病院で処方される代表的なベンゾジアゼピン系

の睡眠薬や非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬と同じぐらいの効果があり、

薬局で買うことができるので診察なしで簡単に買うことができるのが

おすすめになります。

 

初めて睡眠薬を飲むので不安はありましたが、ドリエルを飲んで

だいたい1時間ぐらいで眠りにつくことができ、朝方までよく眠る

ことができました。

睡眠薬と言うのは、毎日使うと体が慣れていまい薬が効きにくくなる

と言うので、私の場合はよっぽど眠れない時に使っていました。

市販の睡眠薬を飲むときの注意点

ドリエルは一時的に眠れなくなった時に向いている不眠のお薬なので、

毎日眠れない人は病院で診察をしてもらい睡眠薬を処方してもらう

ようにした方がよいと思います。

睡眠薬は疲労感があると聞いていたのですが、私の場合は特に何も

なく穏やかに眠ることができました。

 

 

人によっては副作用もあり、悪心、頭痛、夢、気分障害などがある

ので、副作用がある時は服用を中止するほうがよいと思います。

睡眠薬を飲む時に気をつけておきたいのが、寝る前にトイレをすませて

おくこと、夜中に目が覚める時にトイレに行く時は、睡眠薬でフラフラ

して転倒することがあるので気を付けましょう。

 

お酒をよく飲む人は、アルコールと睡眠薬を一緒に飲むと効果が倍増

するので副作用が強く表れたりすることがあるので絶対に避けて

ください。

市販の睡眠薬を使う前に本当に睡眠改善薬が必要か、一時的な不眠か

どうか薬剤師に相談をしてからの服用してみると良いと思います。