神経が高ぶって眠れない時に!市販の睡眠薬「ドリエル」がおススメ

32歳女性です。

仕事が激務になった頃から、神経の高ぶる感覚がそれまでよりも強く

なりました。

 

 

その高ぶったものが、仕事後も続くような感じでした。

 

最初は寝ても疲れがとれないなという感じ。

 

 

そこから段々と眠りが浅いことが原因なのではと自覚しはじめました。

 

しかし特に対処をすることもなく放置してると、寝つきが今度は悪く

なってきました。

 

 

目を閉じても頭が動くのをやめてくれないという感覚。

 

眠れないということを自覚してくると、それがまたストレスになり

悪循環でした。

「ドリエル」をネットで購入

藁にもすがる気持ちで、市販の睡眠薬を調べたのはその頃です。

 

ネットでなにがおすすめなのか調べてみましたが、最終的にはTVなどで

聞き馴染みのあった、ドリエルにしました。

 

 

市販の睡眠薬なので、ドラッグストアでも買えそうでしたが、なんとなく

店舗で買うことに抵抗を感じ、ネットで購入しました。

購入してしばらく経つので、金額は定かではありませんが、おそらく

12錠で1500円ほどだったと思います。

 

市販の睡眠薬なのでそこまで強い薬ではないのだろうとは思いました

が、やはり飲むのは勇気がいりました。

「ドリエル」の効果が凄い!

効きすぎて翌朝起きれないのも嫌だったので、休みの前日にはじめの

一錠を飲んだのを覚えています。

効果はてきめんでした。

 

 

翌日の頭のすっきり感は久方ぶり。

 

いかに普段の睡眠がよくなかったかを自覚もしました。

 

 

もともと薬が効きやすい体質なのも影響しているのかもしれませんが、

入眠もよく覚えてないくらいスムーズで気づいたら朝だった。

 

という状態でした。起きてからふらつきとか寝覚めの悪さなども

 

 

特になかったので、起きた後の行動にも特に支障が出なかったのも

よかったです。

 

万人にどうなのかは分かりませんが、私のように薬の効きやすい人に

だったらおすすめしていいのではないかと思います。

 

ただ毎日飲むには私にはコストがかかりすぎるなと思いましたし、

薬頼みになってしまうことへの恐ろしさもあったので、頻繁な服用は

避けることにしました。

 

あくまで、疲労がたまる、緊張をぬかないとパンクしそうな時にだけ

使うように決めました。

 

ただ睡眠を改善することにより、日常生活が好転することに気づけた

ので、良質な睡眠への他のアプローチも調べて、身体を動かしたり、

睡眠前にスマホを極力避けたりを実践しました。

ドリエル自体は私の体質にはあっていましたが、あくまで補助と

しての役割にとどめ、他のアプローチも試みて眠りの改善をする

ことが、一番おすすめかと思います。

 

 

ただ、無理してパンクする前に、薬に一時的に頼ることで、結果的に

悪化せず、好転できたのは事実です。