出張で眠れない!一時的な不眠なら、市販の睡眠薬ヨネールが効く!

31歳の男性です。

 

出張に行った際に満足な睡眠がとれずに悩んだことがありました。

 

 

不眠がきつかったこと、市販の睡眠薬を選ぶ経緯及び効果などを

書いていきます。

ホテルで眠れない

会社の支社へ2週間ほど出張に行って欲しいと上司に頼まれました。

準備をして新幹線に乗り支社に行き受付に話をすると、受付は私が仕事を

する部署や仮住まいをするホテルの場所などを教えてくれたので有り難かったです。

 

支社で挨拶を済ませた後、予約してあるホテルに行きフロントに名前を

伝えると、鍵を渡してくれたので部屋に行きました。

近くのコンビニで弁当を買って部屋で食べ、浴室にお湯を入れて

お風呂を済ませて、旅の疲れを癒すため普段より早めに就寝しました。

 

 

ところが、普段の環境と違うせいか、眠りに入ることができなかった

です。

 

数時間ほど粘ってはみましたが、眠れないので仕方なくテレビを

見ながら過ごしました。

 

午前3時頃、テレビを消して眠れるか試してみると、眠気がひどかった

おかげか午前5時くらいまで何とか眠ることができました。

市販の睡眠薬を勧められる

翌朝、支社に行き私の席に行き仕事を始めたのですが、ほとんど寝て

いなかったせいか意識が集中できなかったです。

 

困ったので支社の係長に話をしてみると、それならおすすめの薬が

あるよと言って、市販の睡眠薬の情報を教えてくれました。

お昼に外に弁当を買いに行くついでに、近くにあるドラッグストアへ

行ってみました。

 

 

探してみると係長おすすめの薬、米田薬品のヨネールが確かにあったので

12錠入りの物を1500円で買っています。

その日の晩、就寝の1時間前に摂取してからベッドに入ると、目を閉じた

だけですぐに眠りにつけました。

 

 

目が覚めたのは翌日の午前5時、就寝したのが午後10時だったため7時間も

眠れたことになります。

 

目覚めた状態も快適なので、薬を飲んで良かったと思いました。

 

仕事の方は前日とは違い眠気を感じなかったので、精力的にこなして

いくことができました。

 

PCの画面を集中しながら見られるので、睡眠の大事さが分かった

気がします。

 

あと、午前10時の休憩時に係長の所に行き、お礼を言いながら

おすすめの薬が効いたことを伝えました。

 

 

係長は笑いながら良かったねと言ってくれました。

市販の睡眠薬のおかげで、出張をしている最中は寝不足状態に陥る

ことはなかったです。

 

 

それに、私との相性が抜群なのか副作用と見られる症状は出ませんでした。

 

良い薬なので、今後も使おうかなと思っています。