ワンコインで不眠を解消!市販の睡眠薬「リポスミン」を飲んだ結果

21歳の女です。

 

明日の予定に重要なことがある。眠らなきゃいけないのに眠くならない。

 

 

時に利用している睡眠薬は「リポスミン」です。

リポスミンは市販の睡眠薬であり、大手通販サイト「Amazon」で

購入することが出来ます。

 

おすすめな理由は安価価格であり、500円程度で買うことが可能です。

 

 

また、Amazonでも売れ筋が良く、利用幅が広い市販の睡眠薬とも言えます。

 

「リポスミン」を飲むときの注意点

ベッドに入る直前に飲んだ方が良く、その後何か作業を行わないと

いけない人は飲むことをおすすめしません。

 

全ての作業を終えた後に飲むようにしましょう。

 

 

その後、一度も眠りから覚めることはなく、また寝付きも良かったです。

 

夢の内容も良いもので、悪夢を見ることはありませんでした。

 

 

目覚めは私の場合スッキリということは無かったですが、ぐっすり

眠ることが出来るのでリポスミンは非常に重宝しています。

 

また、人によってはお昼頃までぼーっとすることがあるので、試すなら

明日も休日という時に服用してみるのが一番です。

 

 

特に吐き気、身体の不調を訴えることもありません。

 

リポスミンは一時的な不眠に効くものであり、毎晩続けて飲むようでは

効果も薄れます。

 

 

なので私のような、眠りたいのに眠れないというプレッシャーに弱い人

こそ服用するのがおすすめです。

 

服用してはいけない人は、妊娠している人、またはその可能性がある人。

 

 

15歳未満の方。不眠症の診断を受けた人。アレルギー持ち。高齢者。

等です。

 

また、その後運転する機会があるのならば、絶対に服用しないように

して下さい。

 

 

周りを巻き込んだ事故に発展する恐れがあります。

副作用は出なかった

睡眠薬を飲むと、お酒を飲んだような高揚感を感じることがあると、

 

 

聞くことがありますが、リポスミンはそんなことは無かったです。

 

たくさん運動した後に眠気を感じるような、あの自然な感覚を感じ

ながら眠りにつくことが出来ます。

 

 

市販の睡眠薬ってどうなんだろうと、少し抵抗感がありましたが、

飲んで見て良かったです。

 

また、飲む際も苦味、酸っぱさというように、不快な味を感じる

ことはなく、スッと飲めました

 

 

粉薬では無く、粒タイプの錠剤ということなので、水があれば

どこでも飲む事が可能です。

 

私はまだ行なったことがないですが、どこか旅行に行った際にも、

手軽に飲みやすいと感じました。

 

 

旅行をするということは、いつもと違う場所で寝るということなので、

寝付きも悪くなる可能性があります。

 

そんな時にもリポスミンはおすすめです。