市販の睡眠薬が効かない!私が唯一効果のあった「レスティ錠」とは

31歳の男性会社員です。

30歳の頃、転職を経験し、その会社が今までと違いかなりの体育会系

だったため不適応になり、ストレスで不眠症になってしまいました。

 

24時すぎると、一度は眠気を感じ、それで横になるのですが、昼間

あった嫌なことなどを思い出したりしてしまい、それではいけないと

「もう寝るぞ!」と自分に念じて眠りにつこうとするのですが、

そうするとますます色々なことを思い出してしまい全然寝付けません。

 

朝方になってようやく少しだけうとうとと浅い眠りにつくことが出来る

のですが、きちんと寝れている時間は一日正味2時間位でした。

 

その時期はいつでも目の下に大きなクマをつくっており、周りから

心配ばかりされていました。

 

通勤電車で寝過ごしてしまったこともあります。

市販の睡眠薬が効かない

病院に行くのは抵抗があったので、市販の睡眠薬を幾つか試して

みたのですが、成分表を見てのあまり大差がなく正直何を選んだら

いいのかよくわかりませんでした。

 

いくつか試してみたのですがあまり効果がなく、なおかつ飲むと

朝方軽い頭痛と朦朧感がするので続けることが出来ませんで、

「市販の睡眠薬だったらどれも同じなのかな」という感じでした。

 

私が「レスティ錠」を勧める理由

そんな中同じ不眠症に悩んでいる友人に相談をしたのですが、

大正製薬の「レスティ錠」をおすすめされました。

 

レスティ錠は、市販の睡眠薬としては珍しく、ドリエルなどの

主要な睡眠薬に使われている「ジフェンヒドラミン塩酸塩」だけでは

なくソウジュツ・カンゾウ・サイコ・センキュウなど、漢方薬の成分

入っているのが特徴です。

 

 

基本的に精神的問題から来る自律神経の乱れは、漢方の得意分野と

いうことで、西洋医学の睡眠薬成分とコンボすることでダブルで効果を

発揮するとのことでした。

飲んでみると明らかに友人がおすすめした理由がわかりました。

 

 

かなりいままでの睡眠薬とは違いました。

 

まず、おそらく漢方効果なのか、飲んでしばらくすると足の先まで体が

温かくなって来ます。

 

 

そして眠気がやってくるのも他の市販薬よりもかなり早いです。

 

むしろ感覚的には化学成分で眠くなるというよりかは漢方で体が

あたたまるから眠くなるといった感じがします。

 

使った初日から普段は他の市販薬を飲んでも4時間位しか眠れないのが、

6時間程眠ることができ、しかも朝起きた時、深い睡眠を得たという感触が

しっかりとありました。

 

また目覚めもよく、何よりうれしかったのは起きがけの頭痛もほとんど

なかったことです。

 

基本的には他の市販薬と同じ睡眠薬の成分を含んでいるのに、これだけ

 

結果が違うのは、漢方との相乗効果が他との差をつけているのかも

しれません。

 

 

大正製薬の「レスティ錠」。

 

おすすめです。