子育てで眠れない・・・寝たい時に眠れる、おすすめ睡眠導入剤

 

 

私は40代の専業主婦です。

 

 

そしてこの「リポスミン」を時々使っています。

 

この薬を使うようになったきっかけは、

二人の子供の生活リズムに合わせることで

どうしても緊張してしまい眠れなくなってしまったからです。

 

なぜ眠ることができなくなってしまったのか

 

子供の一人は、学校が遠いために朝は5時前に起きてお弁当を作らなければならず、

そしてもう一方の子供は、塾から帰る時間が10時になる日ができてしまい、

そこから軽く夜食を食べたりその日の出来事を話したりする。

 

そうしているとあっという間に12時を回ります。

 

 

そして夜中に興奮して帰宅する子供と話していると

どうしても夜の眠るモードに入れなくなります。

 

そして脳が緊張したままで、眠れずに1時を過ぎてくるととても焦ります。

 

 

あと少ししか眠れないと思うとさらに緊張して目がかちんかちんになっていきます。

 

当然次の日は、寝不足です。

 

 

眠い中なんとか子供を学校に行かせます。

 

さらに悪循環なのは昼寝をしたくなってしまうからです。

 

 

昼寝をすれば、夜に子供が帰ってくる時は元気。

 

でも次の日はリズムがバラバラになる。

 

 

そんな日が続いてしまい、薬を買いに行きました。

 

「リポスミン」一体、どういったものなの?

 

この薬は、睡眠導入剤とか睡眠改善薬と呼ばれる薬の種類になります。

 

わかりにくいかと思いますが、

一般的に内科や心療内科と呼ばれるクリニックで

処方してもらえる「睡眠薬」とはちがいます。

 

クリニックで処方してもらう「睡眠薬」には、

その人の睡眠の時間、4時間睡眠であるとか

7時間睡眠であるとか問診を受けた上で

その時間に睡眠がとれるように処方してもらうことができます。

 

 

しかし、一般的にドラッグストアーで販売されている「睡眠導入剤」とは、

今自分が入眠したいのにできない。

 

緊張して眠りに入ることができない人のためのもので、睡眠時間は改善されません。

 

 

一度眠ることができても

眠りの浅い人や緊張が取れていない人はまた起きてしまいます。

ですが、寝たい時に計画的に眠れることで生活は落ち着きます

 

薬を飲むとおおよそ30分くらいの間には寝ることができます。

 

 

まれに起きてしまう時もあるのですが、その時もなんとなく眠れます。

はじめのうちは、ドラッグストアで購入していました。

 

 

ですが、最近ではネット通販を利用しています。

 

ネットで購入する場合は、

まず使用したことがあるかのチェックがありますが

それ以外は特に問題もありません。

 

 

それにネットで薬を買う方が圧倒的に安く購入できることも魅力です。

 

今日は、どうしても寝たいと思う日のために

ネットで買ってあると気持ちに余裕ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です