市販の睡眠薬の選び方。この成分はこの副作用に注意!

 

夜、疲れて寝ようと思うと目がさえて眠りにつけないで

朝になってしまう事がありますが、

夜眠れないときには、音楽を聞いたり、寝酒をしてみたり、

ホットミルクを飲んだりと、いろいろな対策があります。

 

 

もうひとつ、眠れないときに市販の睡眠薬を利用することもひとつの手で、

オススメで、睡眠薬は用法用量を守って正しく使用すれば、

身体への危険はほとんど無く、薬局で市販されている睡眠改善薬は、

医師の処方を必要とする睡眠薬に比べて効果は薄いですが、

副作用などが少なく、眠れないなどの軽い不眠症状であれば

症状改善の効果が期待できるのです。

 

市販されている睡眠薬は、正式には“睡眠改善薬”と言い、

効果は医師の処方箋を必要とする睡眠薬に比べ弱いのですが、

ドラッグストアやインターネットの通信販売ですぐに購入できます。

 

市販の睡眠薬の詳しい成分は

 

市販の睡眠薬で主に使用される成分は大きくわけると3種類があり、

ジフェンヒドラミン塩酸塩”は、

風邪薬の主な副作用の1つの「眠気」を起こす成分の作用です。

 

 

ジフェンヒドラミン塩酸塩には、

脳の覚醒の役割を担うヒスタミンを抑制する働きがあり眠気を引き起こし、

抗ヒスタミン製剤と呼ばれる睡眠薬の主な成分がこれに当たるのです。

 

ブロムワレリル尿素・アリルイソプロピルアセチル尿素”は、

イライラや緊張、不安などの心的症状を抑える抗不安作用を持つ成分で、

風邪薬や解熱鎮痛剤の中に含まれていて、

精神的な要因で眠りにつけない場合に効果的な成分です。

 

 

“漢方・生薬の精神安定剤”で漢方や生薬の成分にも

催眠作用・抗不安作用があるものがあり、

代表的なものがホップやチョウトウコウ、サイコ、カンゾウ、

カギカズラ、サンソウニンなどの漢方の生薬成分です。

 

原因や体質による薬の選び方

 

市販の睡眠薬ドリエル・ウット・レスティ錠は、

ジフェンヒドラミン塩酸塩”が含まれる抗ヒスタミン製剤で

最も有名といえる薬で、寝つきが悪い、眠りが浅いといった

一時的な不眠症状を緩和させる効果があり、

短期的な不眠症状に悩む方、また風邪薬を飲んだ時に

眠気を感じた経験がある方は効果が期待できます。

 

 

(希望小売価格:6錠/1,000円 12錠/1,900円)、

副作用としては、皮膚のかゆみ、胃痛、吐き気、めまい、動悸、

排尿困難、倦怠感などがあります。

 

ブロムワレリル尿素・アリルイソプロピルアセチル尿素”を配合した薬は、

主に精神の興奮や神経衰弱などの精神障害からくる不眠症状に効果的で、

現在医療用の睡眠薬として主流となっているベンゾジアゼピン系の睡眠薬が

登場する前に医療用として使用されていた成分で、

市販薬の中では効果が強めなのです。

 

 

しかし、用量を誤ると副作用や中毒を引き起こす危険性がありますので

十分な注意が必要な薬です。

 

(希望小売価格:12錠/1,800円)

副作用には、頭痛、めまい、ふらつき、無気力、

健忘症、幻覚、錯乱などがあります。

 

 

なお、寝れない夜にする「寝酒」は睡眠の質を低下させるだけで、

あまり効果的な不眠対策ではないことがわかっていますので

オススメできません。